おしらせ

2019.02.12お知らせ

スマートSMEサポーター(情報処理支援機関)に認定されました。

OTNetは、経済産業省が創設した「スマートSMEサポーター」の認定を受けました。

typeC_S.jpg

審査の結果、「認定番号:第2号‐18120049」の認定番号を頂いております。

■スマートSMEサポーター制度はどんな制度か?  

⇒スマートSMEサポーター制度『中小企業にITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」として認定する制度』とは、  中小企業者等の生産性向上・経営基盤強化のためにに生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等を  「情報処理支援機関」として経済産業省が認定する制度です。  ITベンダー等を情報処理支援機関として認定することにより、中小企業者等が使いやすいITツールの開発の促進、  ITベンダーやITツールを選定するために必要な情報を取得できるための支援体制を整備するものとして、  2018年7月に施行された改正中小企業等経営強化法により創設されました。

なぜそのような制度ができたのか?

弊社でも多くのお客様が利用しているIT導入補助金制度を利用して、2018年は全国で15,000社の企業が生産性向上のためのITツールの導入を実現しましたが、 同時に約4500社のITベンダーが約20,000件のITツールをIT導入補助金の対象ITツールとして登録していることで ・どのITツールに効果があり、また、安全に利用出来るかが分からない ・ITベンダー側の情報発信力や販促力に差が生まれている ・商工団体や士業などの支援機関と協業したベンダーが短期間で多くのIT導入を実現している という現状があります。

そこで、経済産業省が生産性向上に資するITツールを提供するITベンダーをスマートSMEサポーターとして認定。 認定された事業者を閲覧することが出来るプラットフォームを構築することで、中小企業の生産性向上のためのITツール選定のサポートを行います。

また、認定された事業者に対しては、中小機構とIPA(情報処理推進機構)が ・中小企業経営に関する講習会等への講師の派遣 ・中小企業支援機関(認定経営革新等支援期間)に関する情報発信 ・サイバーセキュリティを高めるための情報提供 など中小企業を支援する機関としてのスキルアップなどのサポートを行います。

制度の詳細については、こちらの公式HPも是非ご覧下さい。

※当制度は、IT導入補助金とは別の制度で補助金はでませんが、RPAツール OT RoboがIT導入補助金の対象となっておりますので、弊社までお気軽にご相談ください。   
※SMEは、Small and Medium-sized Enterprise の略。

■特設サイト  ⇒https://smartsme.go.jp/